[FUTABA]双葉店飾社

TEL.086-244-1133

メール

大山

標高1218mへのプロジェクトX

blog
2017/05/10
tag:標柱、標識、登山道、指導標、山林

男達は頂上を目指した。

丸太を担いで険しい山道を。

一歩一歩登り続けた。

 

皆さま、GWはいかがお過ごしでしたか?

ウィーク中はお天気が良くて行楽日和でしたね。

 

僕は4月29日、

同級生の友人達と「毛無山」へ山登りに行ってきました。

中高年趣味の定番です。

新庄村に位置する標高1281mの山で、

頂上の眺望は360度のパノラマ!

晴天にも恵まれて残雪の大山も↑ご覧の通りに。

 

見渡す限りに拡がる中国山地の壮大な眺めは、

キツかった急登の苦労も一瞬にして報われる!というものです。

道沿いに群生している「カタクリ」の花は今の時期が旬で、

ピンク色の可憐な春の装いも道中の疲れを癒してくれました。

 

かたくり

 

 

頂上には「山頂と標高」を記した丸太の標柱があって、

その標柱を囲んでお約束の記念撮影。

「あれ?この標柱はどこかで見たような?、

でも僕はこの山初めてだし…」

ん?もしかして、これは!?そういえば!

 

集合

 

そうです!この標柱は十数年前、

弊社で製作して頂上まで建てに行ったのでした。

(別な意味の記念)写真もありました。

この作業にあたった若者達は20代、で、今は40代。

ちなみに僕は写真に写ってません。

徴集されなかったから…。

 

標識作業風景

 

やはり、、雨風雪の長年にわたる過酷な環境のためか、

〈もちろん防腐剤加工は施しております〉

文字の色は薄れて木肌も脆くなっているようでしたが、

それでも傾きもせずしっかりと頑強に建っておりました。

さすが双葉店飾社、『いい仕事』をされとる!

 

でも、そろそろ新しい標柱に代えてもいいのでは? と、

それを提案したら「誰がゆくねん」と

ツッコミが聞こえてきそうですが、

でもご覧ください、↑写真の、達成感に満ちた皆んなの笑顔を!

 

頂上に辿り着いた登山者が、その証にと標柱に触り、

また寄り添って記念写真を撮った人達が

いったい何千?人くらいいるのでしょう?

そんな事を思うと関わった偉業に感動してしまいます!

〈ひとごとですけど…〉

 

ということで、

弊社ではサイン、標識、看板の補修や

メンテナンスも請け負っております。

何処へでも行きます!〈僕だってまだまだ!〉

トップへ